ニキビ跡には注意!しっかりケアして綺麗にする!

ニキビ跡の種類と原因

ニキビ跡とは肌の炎症、傷、色素沈着によってシミになっている状態のことです。ニキビが繰り返しできることで、そのダメージが深くなり皮下深部の組織が壊れるためニキビが治っても跡が残ってしまいます。このニキビ跡には3つの種類があり、それぞれ原因があります。1つ目は赤みが残るタイプです。原因はニキビが炎症を起こした時にうっ血で赤くなってしまいます。2つ目は茶色や紫色のシミが残るタイプです。このような色素沈下が見られる場合は炎症時の毛穴周辺の毛細血管の破裂が原因になります。3つ目はクレーター上の凹凸ができるタイプです。これは赤ニキビが悪化した炎症によって皮下組織まで破壊されることで起こるニキビ跡です。肌が硬い人や炎症を起こしやすい人に多く見られる症状です。

ニキビ跡の種類別の改善方法

ニキビ跡の種類別にお肌の改善方法があります。赤みが残るタイプのニキビ跡には、ビタミンCが入っている化粧水や美容液を使用してスキンケアを続けることが大事です。ビタミンCにはニキビの炎症を抑える効果や皮脂を抑える効果などがあるので、このスキンケアは効果的です。次に色素沈着タイプのニキビ跡の改善方法です。このタイプは赤みが残るタイプと同様にスキンケアを続けることが大事になります。茶色いシミが残るニキビ跡にはピーリングという角質ケアも効果があります。最後にクレーター状の陥没が残るニキビ跡ですが、セルフケアでの改善は非常に難しいです。目立たないように治すなら、美容皮膚科での治療が良いでしょう。

自分でできるニキビ跡の治療は、皮膚を清潔に保つことです。ニキビ跡が残らないように殺菌効果のあるローションをこまめにつけることが大切です。