虫歯になっても歯の根を残せれば抜歯しなくて済む

歯の根を残せば負担のかかる治療を回避できる

虫歯により抜歯をすることになっても、インプラント治療をしたり、ブリッジを入れることで見た目的には元に戻すことができます。しかし、インプラントは健康保険を使えないため費用がかなりかかり、誰でもできるというわけではありませんし、ブリッジは複数の歯を削らないといけないので大変です。

なので、できれば抜歯するしかないという状態に至る前に、歯の根管治療、つまり歯の根を残す治療を行うようにしましょう。では、根管治療の流れはどのようなものなのでしょうか。まず、歯に穴を開けて神経と血管を除去することになるので、麻酔を打ちます。歯の状態によっては、麻酔をしても痛みが出る可能性があるので、その場合は歯科医に伝えましょう。より痛みを鎮静させる麻酔を打ってもらえます。

空洞になった歯の根で菌を繁殖させないことが重要

麻酔が効いてきたら、神経と血管を除去します。すると歯の根の部分が空になるので、そこに薬を入れて蓋をします。そうすることで空洞になった歯の根で菌が繁殖することを防ぐのです。もし、菌が繁殖してしまうと、歯の根が駄目になって、結局、抜歯するしかなくなってしまいます。

歯の根は複数あることが多いので、何回かに分けてすべての根を治療したあと、虫歯になっている部分を削ります。このとき、基本的に麻酔は行いません。神経を取っているので痛みを感じないためです。そして必要に応じて型を取り、その型から生成した義歯をかぶせます。

あとは、義歯のかみ合わせなどを調整して、問題ないようであれば治療終了です。

虫歯になると噛んだり、熱い物や冷たい物を食べたり飲んだりする事で痛みが出ます。根管治療は歯の根っこを消毒したり神経を取り除く事で歯を治療します。