どっちを選べばいいの?フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛

フラッシュ脱毛とは?

フラッシュ脱毛とは、主に脱毛サロンなどエステサロンで行われている脱毛施術になります。脱毛したい部分にメラニン色素に働きかける光を照射し、毛包にダメージを与えて毛を生えにくくするという方法です。痛みが比較的生じにくく、広範囲を一気に照射できるので一回の施術時間が短くなっています。元々フォトフェイシャルなどで使用されている機器なので、脱毛と同時に美肌効果も期待できる脱毛です。

医療レーザー脱毛とは?

医療レーザー脱毛とはクリニックなどの医療機関で行われている脱毛治療です。レーザーを照射するのでフラッシュ脱毛と似ていますが、出力が高いレーザーなので脱毛効果が高く永久脱毛が可能です。ただし、レーザー照射の時に感じる痛みはフラッシュ脱毛よりも強くなっています。医療機関なので万が一肌にトラブルが生じたときにもすぐに適切な処置を受けることが出来るので安心です。

自分に合ったものを選ぶ

フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛は似た脱毛方法なので、求める効果などによって自分に合ったものを選ぶことが出来ます。永久脱毛をしたいのであれば必然的に医療レーザー脱毛を選択する形になりますし、医療レーザー脱毛は痛くて耐えられないという方は脱毛効果はマイルドでも痛みが少ないフラッシュ脱毛を選ぶという形です。また、フラッシュ脱毛の方が安価なので、安く済ませたいという場合にもフラッシュ脱毛を選ぶということになるでしょう。いずれにしても、脱毛は1回で完了するものではなく複数回通って完了するものなので、自分に合った脱毛を選ぶことが大切になります。

高級エステサロンや皮膚科・美容クリニックなどで高いお金を払いニードルで痛い思いをして脱毛する時代は終わり、安価で通いやすい脱毛サロンが増えました。

リバウンドしにくい身体へ!?脂肪溶解注射とは?

脂肪溶解注射とはなに?

脂肪溶解注射とは、肥大した脂肪がある部分に薬液を注射して、溶かすことで痩せる方法です。主に使用される薬液の成分はフォスファチジルコリンという大豆由来のものになります。脂肪を溶かすことで、汗や尿と一緒に体外に排出する仕組みです。脂肪細胞は、一度なくなれば再生はしません。よって、リバウンドが少なく新陳代謝を促すことで中性脂肪が溜まりにくい身体にできるのです。臀部や太もも、腕などの脂肪が落ちにくいところの部分痩せで利用することが多く、痩せたい部分ならどこでも注射をすることができます。約2週間から3週間おきに2回から3回の施術です。

脂肪溶解注射のメリットと注意点

脂肪溶解注射のメリットは、リバウンドしにくい身体になることです。施術により脂肪細胞の数を減らすことができます。よって、体質自体を改善することができるのです。また、施術時間は約15分程度と短く、注射をした日も通常の生活を送ることができます。ダイエットをしていても減りづらい脂肪を部分的に落とせることもメリットです。溜まったセルライトを溶かし、部分痩せをサポートしてくれます。注意点は数日間は筋肉痛のような痛みと腫れが見られることです。また、回数を重ねるごとに効果が出るので、数回施術することを前提にした方がいいでしょう。

脂肪溶解注射をしている医院の選び方

脂肪溶解注射は、大豆由来のレシチンを含む薬剤を注射する方法ですが、日本では成分の規定がありません。医院によって、ブランドや配合するものが異なる場合があります。内臓脂肪が多い、皮下脂肪が霜降り状態、筋肉質などそれぞれ身体の状態が異なるので、カウンセリングが必要です。しっかりと診察をして、どの脂肪が多いか説明してくれる医師を選ぶといいでしょう。

脂肪溶解注射とは、痩せたいときに打つ注射です。体内の脂肪を溶解させる注射を打つことで、脂肪を減らします。