主に3つ!医療レーザー脱毛マシンの特徴を知ろう

美肌効果も期待できるアレキサンドライトレーザー

美容クリニックなどの医療施設で受けることができる医療レーザー脱毛は、ムダ毛の再生率を大幅に減らすことができるのがメリットです。ですが、使用するマシンによって特徴が変わってくるので、注意しましょう。アレキッサンドライトレーザーは、レーザー脱毛の中で波長が短いのが特徴です。そのため、肌の表面のアザやシミ、ニキビ跡にも反応することがあります。この時、痛みを強く感じることがありますが、脱毛効果の他にシミなどの黒ずみを薄くする効果も期待できます。

日本人の肌にあったダイオードレーザー

医療レーザー脱毛マシンの中でも、特にメジャーなのがダイオードレーザーです。何故なら、ダイオードレーザーには日本人の肌色にあっているという特徴があるからです。そのため、脱毛施術時の痛みが少なくなるのがメリットです。さらにダイオードレーザーは、レーザーの照射範囲が広いという特徴もあります。1回のレーザー照射で多くのムダ毛を処理することができるので、手足や背中など広い範囲の施術に向いています。

日焼けでも脱毛できるYAGレーザー

レーザー脱毛マシンの中で、最も波長が長いのがYAGレーザーです。そのため、肌の奥深くのムダ毛まで処理できるという特徴があります。肌の表面でレーザーが作用することが少ないので、日焼けをして肌色が濃い人でも脱毛できるのがメリットです。脱毛は、施術前に肌にジェルを塗るのが一般的ですが、YAGレーザーはジェルを塗らなくても施術が可能です。ですので、ジェルの感触が不快な人や、短時間で脱毛を終わらせたい人におすすめの施術方法になります。

医療レーザー脱毛を新宿で探すと、施術を受けられるところが多いので自分に合った機関を比較しながら見つけられます。

たくさんの産毛、いい加減にして!サロンやクリニックでやってもいいの?

産毛も肌にびっしり生えていたら困るものです

太くて濃い体毛は恥ずかしくて悩んでいると言うと理解してもらいやすいですが、産毛に関する悩みってあまり理解してもらえませんよね。顔にたくさん生えていると肌のトーンがその分暗くなってしまいますし、おでこの生え際をいびつにしている原因だったりするんですよ。身体に映えている産毛も、その量が多いと当然毛深く見えてしまいます。自己処理をすると毛穴が開いたり、毛嚢炎や埋没毛になるリスクがあるので、プロの方にお任せしましょう。

産毛は脱毛しにくいんじゃないの?

一般的な脱毛機は、メラニン色素に反応する性質を利用して、毛に熱エネルギーを意図的に吸収させることで、発毛組織にダメージを与える仕組みとなっています。でも、産毛のように色素の薄い毛は熱エネルギーを吸収しにくいので、太くて濃い毛と比べるとレーザー脱毛やフラッシュ脱毛とは相性が良くないのも事実です。でも脱毛がうまくいかないというわけではなく、スタッフの研修や教育に力を入れていたり、脱毛士の資格を保有するスタッフを在籍させているところなら問題なく脱毛をしてくれるでしょう。フラッシュ脱毛の場合もレーザー脱毛の場合も、産毛は通常の脱毛よりも回数が多めの、約10回で施術が完了します。フラッシュ脱毛の場合は3回目のお手入れで産毛が減ってきたことを実感できるはずです。5回を過ぎたあたりからは、自分で処理する必要すら感じなくなります。レーザーの場合は初回から産毛がなくなってきたことを実感できます。最近は脱毛サロンではIPLとRFを組み合わせる脱毛方式や、毛包にダメージを与えるSHR方式など、産毛でも楽に処理できるタイプも少しずつ増えています。

医療レーザー脱毛は、通う期間が短く、さらにエステなどサロンの脱毛に通うより早い効果が得られるのが魅力といえます。