顔の中心にあるパーツだから目立つ鼻!鼻の施術方法の種類とは?

鼻を高くする・鼻筋を通す隆鼻術

鼻を高くしたり、鼻筋を通したりする方法に隆鼻術があります。隆鼻術には、ヒアルロン酸を注射する方法と、シリコンを挿入する方法があります。ヒアルロン酸注射はいわゆるプチ整形です。ヒアルロン酸の注入量や個所を変えることで、鼻の高さを調整することが出来ます。入れ過ぎると横から見たときに不自然な仕上がりになるため、医師と相談しながら注入することが望ましいです。

シリコン挿入はヒアルロン酸注射よりも、より鼻を高くすることが可能な施術方法です。挿入するシリコンの形には、L型とI型の2種類があります。L型のシリコンは鼻先にまでシリコンを入れるため、笑ったときに不自然な見た目になる場合があります。そのため、シリコンを挿入するならI型のほうがよいです。鼻先を尖らせたい人は、耳の軟骨を入れる施術があるのでそちらを検討してみてください。

鼻先を小さくする鼻翼縮小・鼻尖形成

鼻が大きく見える原因は、鼻の穴が大きいことと鼻先が丸いことがあげられます。鼻翼縮小は鼻の穴が大きかったり、小鼻が横に広がっている人に向いている施術です。鼻の外側と内側の皮膚を切り取って縫い合わせる方法があります。どちらの方法が向いているかは、鼻先の形によって違います。鼻先が丸い状態、いわゆる団子鼻の人は鼻尖形成という施術がオススメです。鼻先の脂肪や軟骨を取り除いて形を整えることが出来ます。

鼻の施術はギプスでしばらく固定しなくてはいけません。そのため、どうしても施術をしたことがバレやすいです。人に長期間合わずに済む人や、マスクなどをして生活を送れる人は問題ありませんが、そうではない人は注意しましょう。

フォトフェイシャルとは、インテンス・パルス・ライトという光を顔に当てます。美容皮膚科で受けられる、しみ、そばかす、くすみなどの肌トラブルの改善を目的とした治療です。

意外と知らない。レーザー脱毛ならではの特徴を解説

脱毛にはレーザーとフラッシュの二種類がある

初めて脱毛にチャレンジする人の多くが、どこで施術を行って良いのか悩むようです。自分にあった脱毛施設を選ぶには、まずは脱毛施術の種類を知ることが大切です。脱毛には、フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の二種類があり、それぞれ特徴が違ってくるからです。レーザー脱毛は、肌にレーザーと呼ばれるものを照射してムダ毛を処理していきます。このレーザーは、フラッシュと比較するとエネルギーが非常に強く、効果的にムダ毛にダメージを与えることができます。ですので、徹底的にムダ毛を処理したい人に向いている脱毛方法と言えます。さらにレーザー脱毛は短期間で脱毛施術を完了できるというメリットもあります。

レーザー脱毛は医療施設でしか受けられない

ムダ毛への効果が高いレーザー脱毛ですが、これを受けるには美容クリニックなどの医療施設を訪れる必要があります。これは、レーザーの照射が医療行為にあたり、医療施設で行うように規則で定められているからです。エステサロンや脱毛サロンなど、美容行為をメインに取り扱っている施設では、レーザー脱毛ができないところが多いので注意しましょう。

レーザーにも種類があり、特徴が変わってくる

レーザー脱毛のレーザーには、波長の長さによって多くの種類があります。波長に違いによってレーザーが届く範囲や、効果的に作用するムダ毛の色などが変わってきます。レーザー脱毛でも特に人気の高いダイオードレーザーは、施術範囲が広く、低刺激なのが特徴です。アレキサンドライトレーザーは強力なレーザーなので、産毛の処理に向いています。YAGレーザーは、日焼けをしていても安心して施術ができるのがメリットです。

医療レーザー脱毛は、即効性や安全性の高い脱毛方法の一つであり、数年以上にわたって効果が継続することもあります。

虫歯になっても歯の根を残せれば抜歯しなくて済む

歯の根を残せば負担のかかる治療を回避できる

虫歯により抜歯をすることになっても、インプラント治療をしたり、ブリッジを入れることで見た目的には元に戻すことができます。しかし、インプラントは健康保険を使えないため費用がかなりかかり、誰でもできるというわけではありませんし、ブリッジは複数の歯を削らないといけないので大変です。

なので、できれば抜歯するしかないという状態に至る前に、歯の根管治療、つまり歯の根を残す治療を行うようにしましょう。では、根管治療の流れはどのようなものなのでしょうか。まず、歯に穴を開けて神経と血管を除去することになるので、麻酔を打ちます。歯の状態によっては、麻酔をしても痛みが出る可能性があるので、その場合は歯科医に伝えましょう。より痛みを鎮静させる麻酔を打ってもらえます。

空洞になった歯の根で菌を繁殖させないことが重要

麻酔が効いてきたら、神経と血管を除去します。すると歯の根の部分が空になるので、そこに薬を入れて蓋をします。そうすることで空洞になった歯の根で菌が繁殖することを防ぐのです。もし、菌が繁殖してしまうと、歯の根が駄目になって、結局、抜歯するしかなくなってしまいます。

歯の根は複数あることが多いので、何回かに分けてすべての根を治療したあと、虫歯になっている部分を削ります。このとき、基本的に麻酔は行いません。神経を取っているので痛みを感じないためです。そして必要に応じて型を取り、その型から生成した義歯をかぶせます。

あとは、義歯のかみ合わせなどを調整して、問題ないようであれば治療終了です。

虫歯になると噛んだり、熱い物や冷たい物を食べたり飲んだりする事で痛みが出ます。根管治療は歯の根っこを消毒したり神経を取り除く事で歯を治療します。

ムダ毛処理の手間が省ける永久脱毛のメリット

永久脱毛ができるクリニックに通おう

レーザーをはじめとする医療機器が揃っている美容外科のクリニックでは、永久脱毛を希望する患者の受け入れが行われています。中でも、他の脱毛方法に満足出来なかった人や、ムダ毛処理の手間を省きたい人にとって、クリニックの脱毛はとても魅力的なものとして扱われることがあります。最近では、海外製の高性能の医療機器によるレーザー脱毛の実績のあるクリニックに注目が集まっており、自己処理が難しい範囲のムダ毛もきれいに対処できることが人気の秘訣です。一般的に、クリニックで永久脱毛の施術を受ける際には、様々な検査の方法を利用して、毛周期の測定をしてもらうことができ、各自の肌の状態に応じたスケジュールを立てられます。

ムダ毛処理をクリニックに任せるメリット

自宅でのムダ毛処理は、時間や手間が掛かり、時に肌にダメージを与えることもあるため、ツルツルの素肌の状態を常にキープしたい時には、早期に評判の良いクリニックに通うことが有効です。中でも、医療用のレーザーによる脱毛効果は、数か月以上も持続することがあり、人前に出る機会の多い女性にとっては、利便性の高い施術として扱われています。美容外科の名医が揃っているクリニックにおいては、カウンセリングの中で、施術の効果や日々のスキンケアにおける注意点などを分かりやすく説明してもらうことができます。そのため、美容に気を使いたい時には、人気のあるクリニックの患者の症例に目を通しながら、通院先を上手に選ぶことがオススメです。

部分を脱毛したいなら、除毛クリームを塗るのがいいでしょう。クリームなので部分的にしっかりと塗ることができるので安心です。